若ハゲ 若年性脱毛症

若ハゲ 若年性脱毛症のページを説明



若ハゲ予防・薄毛対策
新着記事一覧

若ハゲ 若年性脱毛症

人はだれでも、年齢を重ねるにつれて髪の毛が薄くなりやすい傾向にあるものです。

しかし、10代〜30代で髪の毛が薄くなってしまう場合がありますが、この状態を若ハゲと呼ぶことがあります。

この若ハゲとは、若年性脱毛症とも呼ばれているもので、男性型脱毛症の年齢が若い時にこう呼んでいるようです。

若ハゲの症状は、早い人であれば10代の後半くらい〜20代で既に症状が出ている場合も少なくありません。

若ハゲによく見られる症状といえば、おでこあたりから前頂部にかけての髪が薄くなってくることがあったり、また他にはおでこが後退していくなどがこれに当たります。

この若ハゲは、男性に多く見られる症状ですが、女性にも若ハゲの症状が出ることはあります。

若ハゲや普通の脱毛症には、男性ホルモンが大きく関わっているとされています。

まだハッキリとしたメカニズムは解明されていないのが現状なのですが、若ハゲに関わるテストステロンという男性ホルモンが、酵素の働きなどで別のホルモンに変換されてしまい、そのせいで発毛が抑制されてしまうのが原因で、若ハゲなどの脱毛症が起こるといわれています。


Category 若ハゲ

若ハゲ予防、薄毛対策の若ハゲ 若年性脱毛症のリンクについて

若ハゲ予防、薄毛対策の若ハゲ 若年性脱毛症のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。